MENU

再生療法(エムドゲイン)

EMDOGAIN

エムドゲインとはAbout EMDOGAIN

むし歯

スウェーデンのビオラ社で開発されたブタ歯胚組織を使用した歯周組織再生用材料です。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、世界44カ国以上で使用されています。
エムドゲインゲルの主成分は、子どもの頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたんぱく質の一種であり、歯周病によって失われた歯周組織の構成と機能を、完全に復活させるための歯周組織を再生誘導するための材料です。歯周組織は、セメント質・歯根膜・歯槽骨からできています。その歯周組織は、歯の発生期に分泌されるエナメルマトリックスたんぱく質により形成されます。そのエナメルマトリックスたんぱく質を主成分としたブタ歯胚歯周組織使用再生材料が、エムドゲインです。約200万という症例がある中で副作用は一例もありません。

副作用報告は1例もありません

※エムドゲインを原因とする副作用は現在まで報告されていません。

歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深さを測ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います。エムドゲインゲルを使った治療が行えるかどうかは、歯周病の程度や患者様の健康状態によっても異なりますので、担当医とよく相談してください。

治療方法Method of treatment

手術の前に歯周組織の状態を調べるため、歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います。
歯周ポケットの深さの確認、レントゲン、CT撮影をすることで骨の欠損状態を正確に確認するなど治療に必要な検査を行います。

また歯周組織再生のため患者さん自身のプラークコントロールが最も重要なため、術前術後のプラークコントロールの管理をさせていただきます。
エムドゲイン®ゲルを使った治療が行えるかどうかは、歯周病の程度や患者さん自身の健康状態によって異なります。歯周外科手術は麻酔をかけて行います。まず最初に治療する部分の歯肉を切開し、剥離します。

次に歯根表面の清掃を行い、エムドゲイン®ゲルを塗布します。最後に切開した歯肉部分を縫合し、手術は終了となります。
手術にかかる時間は1~2時間ほどで、当日の飲酒、激しい運動、長湯などを避けていただくことになります。また歯の状態によってはワイヤーなどで隣の歯と固定することがあります。術後8か月後以降に、歯周ポケットの確認、レントゲンなどで歯周組織再生の再評価をさせていただきます。

  • 1.比較的軽い歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。
  • 2.炎症が歯肉の奥まで進行した場合歯周組織の破壊がひどい場合には歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要となります。
    手術の際に、歯周組織再生用材料という手術治療を補助するための歯科用の材料が使われることがあります。
    ※エムドゲインは、歯周病によって損傷した歯周組織の再生を促します。